こんにちは。川口美容室レジーナトリドールの畠山です。

今日は縮毛矯正とストレートパーマの違いについて書きたいと思います。

ストレートパーマは、一度かけたパーマを落としてストレートに戻す際にかけるパーマです。

パーマによるカールを取ったり、ちょっとしたボリュームを抑えたりするのに適しています。

縮毛矯正は、もともと地毛に強いクセがある方が、髪をまっすぐにするのに適しています。

薬剤に加えてヘアアイロンなどの熱を使ってクセを伸ばすため、根元から毛先までが半永久的にまっすぐに仕上がります。

簡単にこのような感じです。

そしてどちらとも大事になってくるのがアフターケアです。

髪を乾かさないで半乾きや生乾きの状態はキューティクルが開いており、その状態で摩擦が起きるとキューティクルが傷んでしまうこともあります!

乾かす前にはオイルやミルクなど髪にあったものをつけてから乾かすとより良いですね☆

 

個人的に縮毛矯正が好きなので担当させていただいた際分からないことがあれば何でもお尋ねください!

何時間でも話せます!笑

以上、畠山でした。